広島大学交響楽団について

この記事は約2分で読めます。

広島大学交響楽団の概要

広島大学交響楽団は広島大学の音楽好きな学生が集まったサークルです。

通称広大オケと呼ばれたり,HUSOと略したりすることもあります。

普段の練習に加え、7月のサマーコンサートや9月の東広島市内小学校での音楽鑑賞教室、12月の定期演奏会が主な活動であり、加えてショッピングセンターでも街頭コンサート等様々な場所で活動をしております。

広島大学交響楽団の各種活動はホームページやInstagram、Twitterで宣伝しております!
よろしければ、ぜひフォローをお願いします!

在団生・練習について

  • 団員数:42名(30年度入学生 26名、01年度入学生 16名)※2020年3月24日現在
  • 在団可能者:広島大学に在籍している学生(但し、学部3年の12月にある定期演奏会をもって引退となり、一時休団となります。学部4年の3月で卒団となり、卒団式が行われます)
  • 練習日:分奏は毎週月曜日から木曜日に1度、金曜日・日曜日合奏があります。
        長期休暇中は火曜日・金曜日・日曜日に合奏、分奏は各パートによります。

交響楽団の組織について

広島大学交響楽団は学生が主体となって活動を行っております。
活動を円滑に進めるためには団員同士の協力や団員による運営が必要不可欠です。そのため、全団員は委員会及び局に所属し、一定人数の団員は役職に就きます。
役職は各学年の話し合いをもとに決定します。

タイトルとURLをコピーしました